膣内射精障害 原因

誰もオナニーの方法を教えてくれなかった

膣内射精障害が増えている背景には、日本の性教育に問題があったのではないかという見方もあります。
男ならだれもがオナニー(マスターベーション)のやり方を自分ではマスターしているつもりでいますが、実際にはそのオナニーのやり方が原因となって膣内射精障害になってしまっているのです。

 

オナニーなんてあれだよ。
右手で握ってシコシコって動かすだけじゃん。

 

そう、イメージ的にもそんなものです。
それ以上の情報はありません。

 

いや、下手をすればそんな情報すら入らずに全く別の方法でオナニーをしている人もいます。

 

 

昔は男同士で精液の飛ばしあいをするなどおおらかなところがあり、今よりも性的には解放的で知識が共有されている部分があったようです。

 

しかし、今は誰もが知識を与えられないまま自分なりのオナニーをし続け大人になり、長く続けてきたオナニーのおかげでセックスで満足に射精できなくなってしまうという。

 

情報社会となった現代の方が、昔よりも情報不足だとはなんだか皮肉なものです。

 

間違ったオナニーにはいろいろなやり方があります。
たとえば床やシーツにペニスを押し付ける床オナニー。両脚をピンと伸ばして力を入れた状態でないと射精できない足ピンオナニー、1人で誰にも見られていない状況でないとできない1人オナニー、AV動画をみないと興奮できない人、アニメでないとイケない人など。これ以外にも趣味嗜好の偏ったオナニーは無数にあるでしょう。

 

興味本位で少しやるぶんにはかまいませんが、継続してこのようなオナニーを続けていると膣内射精障害になってしまうことが多いのです。

 

 

また、先ほど書いた「シコシコ」とペニスをしごく世間一般としては普通のオナニーでも、力を入れすぎたり、早く動かしすぎたり、オカズ(オナニーの際に興奮するためのネタ。写真や動画が多く用いられる)としてAV動画を多用している、というような場合に、膣内射精障害の原因となると言われています。

 

肥満をあっという間に痩せさせることが出来ないように、間違ったオナニーを長く続けたことによって麻痺してしまった感覚を取り戻すのは簡単ではありません。

 

しかし、不可能ではなく可能性は十分にあるのです。
少しでも早く正しいオナニー方法を実践して改善していくようにしましょう。

 

「私はコレで射精できるようになりました!!」

膣内射精障害のためのオナニートレーニングを続けて、たった一ヵ月半でセックスで射精できるようになりました

私が使用したトレーニングのための必需品を紹介します。

⇒ これだけあれば間違いなし!!管理人実証済みの厳選「膣内射精障害グッズ」を見る!