膣内射精障害 オナホール

女性の本物の膣に挿入しているみたいなオナホール

私が試行錯誤の上にたどり着いた膣内射精障害改善方法は、オナホールによるオナニートレーニングでした。
実際にこのやり方を始めてから、たった1ヵ月半で無事、彼女の膣の中で射精できました。嬉しくて彼女も私も思わず泣いてしまったほどです。

 

私が実際に使用したオナホールは「淫熟名器物語」というものです。何でも某大型掲示板のオナホール板で「本物そっくりの最高のオナホールだ!」ということで非常に有名だということです。

 

パッケージと実際の商品はこんな感じです。

 

淫熟名器物語の商品画像

 

いろいろと種類のあるオナホールの中でも、リアル系というものでは「名器の品格」シリーズが有名かつ最高と言われています。名器シリーズだけでも何種類もあって迷ったのですが、この淫熟名器物語は販売サイトの購入者レビューに「名器シリーズの中ではもっとも実際の膣の感覚に近い」という評判があったので、こちらを選びました。

 

使用しての感想は、一言で言って「感動!」でした。目を閉じてペニスを挿入したら、本物の女性の膣に入れているのと見分けがつきません。それほどリアルです。

 

私はこのオナホールをあくまでも膣内射精障害を治すためのオナニートレーニング用として考えていましたから、「気持ちよさ」「快感」の面ではあまり期待していませんでしたが、最初の頃こそペニスの感覚が鈍っていたせいかあまり気持ちよくなかったものの慣れていくにしたがってかなり「気持ちいいオナホール」だということも分かりました。

 

ただ、気持ちいいといっても高刺激系のオナホールのように無理やりな感覚はなくて、使用感はとてもナチュラルです。

 

私は実際にこのオナホールでオナニーをするようになってから彼女の中で普通にイケるようになりましたが、あまり彼女と会えない時には、普通に性欲を満たすオナニー用としても大活躍してくれています。

 

オナホールは使い終わった後、洗うのがちょっと面倒ですが、これだけ効果があるものなのでそのくらいは我慢しましょう。私はいつも家族がいない時を見計らって、オナニー後すぐにオナホをつけたままシャワーをあびていました。体とオナホをボディーシャンプーでさっと洗って出てくるだけですのでさほど面倒には感じません。

 

オナホは水滴をとってから陰干しする必要がありますので、その時に家族に見られないように注意してください。

 

膣内射精障害の方は、私がしたように3日に1回くらいのペースで、ゆったりソフトに時間を30分くらいかけてオナニーしてみてください。AVは見ずに想像とオナホの刺激でオナニーしましょう。

 

効果は数週間で出てくると思いますよ〜〜。

 

 

ちなみにオナホールは街角のアダルトグッズショップなどで売っていたりします。
でも、アダルトショップは入るのに勇気がいるし、店員と顔を合わせるのも嫌だし、誰かに見られたら洒落になりません。
また、お金の面では、一般のショップはほとんど定価販売なので値段も高くなります。
店舗によっては目的のオナホールを取り扱っていないという場合もあります。私が使っている「淫熟名器物語」はネットでは話題でしたが一般のアダルトショップに常においている商品ではありませんでした。

 

そんなわけで私の場合は業界最大手といわれるアダルトグッズ通販サイトで「淫熟名器物語」を購入しました。

 

参考≫アダルト通販ショップ最大手「NLS」の「淫熟名器物語」のページ

 

※NSLは普通の通販サイトなどと違って、プライバシー面の対策が万全で、家族ばれなしでオナホールを購入できます。サポートも万全ですので万が一商品に問題があってもきちんと対応してくれます。おまけにポイントもつくので、必要になるローションなどをポイントで無料で手に入れられます。

「私はコレで射精できるようになりました!!」

膣内射精障害のためのオナニートレーニングを続けて、たった一ヵ月半でセックスで射精できるようになりました

私が使用したトレーニングのための必需品を紹介します。

⇒ これだけあれば間違いなし!!管理人実証済みの厳選「膣内射精障害グッズ」を見る!