膣内射精障害 治し方

膣内射精障害はオナニーで治る!

膣内射精障害の治し方

女性の膣でイケない原因と解決方法
膣内射精障害は、ペニスを強く握ったり、床にこすりつけるような刺激の強いオナニーをしてきたことやオカズにAVを見てオナニーをしてきたことなどが主な原因でおこります。

 

一見、何の問題もない人でもオナニーのやり方を間違えば、遅漏⇒膣内射精障害⇒心因性EDによる中折れ、と段階を経てセックス不能に陥ってしまうのです。

 

膣内射精障害はきちんとした知識をもち、原因を突き止めて適切に対処することで劇的に回復できます。そしてこれらは医者にかかって治すものではなく、自力で治すことが可能です。

 

女性の中でイケる充実したセックスライフをいつまでも過ごしたいなら今すぐ行動しましょう。

 

実際に自身も膣内射精障害で苦しみながらついに射精できるように回復した管理人が、膣内射精障害の原因と対策、具体的なトレーニング方法のすべてをまとめた真実のレポートがこちらです。

 

今日からできる膣内射精障害を治すための「アクションプラン」を見る>>


 

膣内射精障害を治すオナニーのやり方

膣内射精障害の原因のほとんどが強い刺激による間違ったオナニーの結果です。女性の膣で満足できない状態になってしまっているペニスを正常な感覚に戻してあげれば、膣内射精障害を克服することができます。

 

そのためには、今まで行ってきた間違ったオナニーを中止し、膣内射精障害にならない正しいオナニーの方法を実践する必要があります。

 

正しいオナニーの方法として、さっそくひとつのやり方を紹介します。

 

右手の親指と人差し指でわっかを作りその中にペニスを入れる。そしてペニスの亀頭やカリの部分を中心にスライドさせて擦りオナニーします。カウパーが出ていない状態でこれ行えばけっこう痛いはずです。オナニー用のローションを使うのがおすすめです。

 

このオナニーのやり方で気持ち良くなり、射精できるようなら膣内射精障害の改善は近いと思います。

 

しかし、現在膣内射精障害の人の中でこの方法で気持ちよく感じる人は少ないかもしれません。いくらトレーニングとはいっても気持ち良くないオナニーは長続きしません。ついつい慣れた今までのオナニーに戻ってしまうでしょう。また、快感を得ようとしてペニスを強く圧迫したり、激しく擦ってしまいがちなので、相当自制心が強くないと難しい方法です。

 

その他にも、コンドームを使ったオナニーのやり方があります。これはコンドーム・マス法と言って、コンドームにローションを入れ、優しくソフトに握り上下にスライドさせてオナニーをする方法です。

 

こちらはローションのぬるぬる感も手伝って、先ほどの方法よりも気持ちよくオナニーができます。何点と言えば、毎回コンドームを使うので多少お金がかかる、ということです。コンドーム・マス法を行う場合にはネット通販などでまとめ買いをすれば144個数千円程度で買えますので、1個にすると数十円〜なんとかなるかもしれません。

 

ただ、このコンドーム・マス法の場合でもやはり、右手を使っているので徐々に力を入れ過ぎたり、早く動かしてしまいがちです。これまた自制心が要求されます

 

考えても見て下さい。
何年も、人によっては何十年も間違ったオナニーをしてきた男に、自制心なんて期待する方がムリというものです。
結局、多くの膣内射精障害野郎たちは自分勝手なオナニーに逆戻りしてしまうのです。

 

 

 

 

 

じつは私もそうでした。

 

膣内射精障害 悩む 男性

 

 

Sexをしても膣で最後までイケなかった私は、本やネットでいろいろと調べ、泌尿器科にも相談に行ったのです。でも、病院に行っても膣内射精障害は治りませんでした。EDにはバイアグラのようなED治療薬がありますが、膣内射精障害には特効薬はなく薬で治すことはできないのです。病院に行っても医師には「自制心をもって”正しいオナニー”をしてください」と指導されるだけです。

 

お医者さんが教えてくれた「正しいオナニー」とはさきほど話したようなオナニーのやり方です。私は何度もチャレンジしたのですが、結局どこかで力を入れてしまうのか、それだけで膣内射精障害を治すことはできませんでした。

 

 

ところが、あるものを使えば自制心がなくても間違ったオナニーをせずに済むことを知ったのです。

 

効果は絶大でした。

 

一か月半後、見事に女性の膣で射精することができました。コンドームをつけても中折れすることなく気持ちよくセックスができたのです。

 

私が使ったあるものとは何だったでしょうか?

 

それはオナニー好きの人が愛用している「オナホール」というアダルトグッズです。

 

私が使用したのは、オナホールの中でも本物の女性の膣を忠実に再現しているタイプで、ペニスを挿入した時の感触はまさに本物そっくり。刺激が強すぎることもなく、ずっと包み込まれているような感覚で射精することができました。

 

何より手を使わないので、強く握りすぎることがありません。
自制心のない私でも「正しいオナニー」を行うことができたのです。

 

しかも、オナニー好きな人がお金を出して買うだけあって、オナホールでするオナニーは手よりもはるかに気持ちがよかったのも、この方法が長続きした大きな理由です。

 

 

私はこのオナホールを使って、3日に1回、オナニーしました。

 

オナニーをする時はAVは見ません。以前はネットで無料のアダルト動画や無修正動画を探してオカズにしていたのですが、そういう視覚に頼ってオナニーをしていると現実のセックスで立たなくなると聞いたので、思い切ってやめました。

 

オナホールを激しく動かしては、だんだんと感覚がマヒしてしまうので、ゆっくりソフトに動かします。
以前のオナニーのやり方だと3分たたずに射精していたのですが、短時間のオナニーも膣内射精障害になりやすいと聞いていたので、射精時間まではだいたい30分くらいかけるようにしました。

 

想像力が欠陥しているのか、AVを見ないでいると萎えてしまってオナニーが続けられないこともありました。

 

しかし、根気よくトレーニングを続けていくうちに徐々に快感が増していくのが分かりました。そして一ヵ月半後、万を持してのセックスでは無事に発射できたのです。

 

膣内射精障害 克服

「私はコレで射精できるようになりました!!」

膣内射精障害のためのオナニートレーニングを続けて、たった一ヵ月半でセックスで射精できるようになりました

私が使用したトレーニングのための必需品を紹介します。

⇒ これだけあれば間違いなし!!管理人実証済みの厳選「膣内射精障害グッズ」を見る!